雪の川

6D2002097813.jpg
「雪の川」 滋賀県東近江市

令和2年、初めての撮影、そして初めての投稿です。
ここまで遅くなったのは、別に身体が悪いわけでもなく、単純に出かける気にならなかっただけです。
行きたいと思っているところに雪も降らない、氷結も見られない、霜も大したことがない、、、こんなの初めてです。
しかし、ぐずぐずしているともう冬も終わりそう、今年の冬の作品がない、さあどうする、、、休みなのに、、、
西を見ると鈴鹿の山には真っ白に雪が、、、取あえず峠まで行ってみることにしました。

石榑峠までは案の定何もない、しかしトンネルを抜けて滋賀県に入ると、、、オーッ雪です、雪景色です。
今年初めて見る雪景色、普通の雪景色なんですが、なんか感動してしまいました。
しかし、近江八幡くらいまで来るともう雪は見られません、、、即Uターンです。
途中で目に留まったところで撮影し、近江牛ではなく吉野家の牛丼を食べて帰路につきました。

久しぶりの撮影で、少しはストレスの発散にはなったみたいです。
投稿写真は東近江の政所を流れる川の雪景色、色温度を調整して寒さを表現してみました。
Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

乗鞍高原の秋

6D1910297085_2019110418382210b.jpg
「霧の中のまいめ池」 長野県松本市乗鞍高原

久しぶりの投稿です。
10月初めに栂池自然園で撮影した後、中旬と下旬に乗鞍と上高地を紅葉目当てでそれぞれ2度行きました。

中旬の乗鞍は位ヶ原は遅く、一の瀬辺りはまだまだといった感じ、上高地にいたっては殆ど緑でした。
下旬の乗鞍は一の瀬辺りがほぼ見頃、上高地はカラマツの黄葉が見頃から散り始めといった感じでした。
どちらもピークと言うのはなかなか難しいけど、今年は紅葉の時期が1~2週間ほど遅く悩ましい年です。
紅葉が遅いから遅くまで楽しめるかと言うと、これがそうは行かず散るのは早いという何とも残念な結果でした。
2回の撮影行とも1日目は必ず雨や霧で、翌日は晴れるといった変化のある日程だったのがせめてもの救いです。

掲載写真は下旬の乗鞍高原「まいめ池」の霧の情景、傘を差しながらの撮影です。
さあこれからは紅葉も麓に下りてきて忙しくなりますが、どんな出会いがあるのやら楽しみ楽しみ、、、
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

秋の栂池自然園

6D1910026617.jpg
「草紅葉」 長野県小谷村栂池自然園

先週は、日本風景写真協会秋の大撮影会が長野県の栂池自然園であって、久しぶりに参加してきました。
台風が心配されましたが、日本海の方に逸れて行ってくれましたので無事に実施されました。
講師が人気の小松ひとみ先生と言うこともあってか、参加者も100人くらいと大勢で随分盛り上がりました。

天気はと言うと、初日は晴れ間も出てまあまあ、2日目は朝から濃い霧で山を下りるまでまで消えませんでした。
紅葉の状態は見頃始めと言った感じで、ピークではないものの草紅葉は十分でそれなりに楽しめます。
濃霧の中での撮影は、遠景は無理ですが足下や近くの小さな風景を探して歩く、これが結構面白いです。

山を下りた途端晴れ間が戻り、ちょっと悔しいですが自分的には変化に富んだ2日間となり良かったです。(^∇^)ノ
それにしても、片道5時間の運転は疲れますね~
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

ひと夏の想い出

DSC_0190.jpg
「夏山」 長野県駒ケ根市 千畳敷

台風10号も去り、またまた暑い日がやってきました。
いつまでこの暑さ続くんでしょうね、、、いい加減にしてほしい、、、。

そんな訳で撮影は全くしていませんが、今月初めに遊びで駒ヶ岳の千畳敷に行ってきましたのでその写真を、、、。
もちろんロープウエイで楽々2612mまで行けるので疲れないし、何より涼しいかなと思っていました。
ロープウエイ終点駅の温度表示は19.5度、平地より10度近くも低い、だけどそれほど涼しくないなあ、、、。
それは日差しが強いんです、日陰は涼しいんですけどね。

花でも撮ろうと遊歩道を少し歩いてみましたが、暑いしあまり咲いてもいなかったのですぐに退散、軟弱になりました。
昔は写真に写っている山も登ったことあるんですが、、、。 (一体何年前の話、、、(笑))
結局、レストランに入り名物のソースカツどんを食べて、早いうちに下りました。
掲載写真もスマホで撮ったもので、超お気楽ドライブでした。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

雪の残り柿

6D1901275301.jpg
「残り柿」 福井県南越前市

先週の土日、北陸は南越前に行ってきました。
今年になって初めての撮影行です。
雪が心配でしたが、大した事も無く、撮影にはちょうどいいくらいの降雪でした。
それまでは雪もなく、何を撮ればいいのかという状況だったらしいので、すごくラッキーでしたね。

写真は残り柿ですが、この辺ではまだまだ赤い実が結構残っていました。
小さな写真では少しわかりづらいですね、、、。

越前海岸は波も高くいい感じ、、、でも風が強すぎてまともにカメラを向けられません。
そのうえ、潮風で顔もしょっぱくなるし、何よりカメラが心配なので早々に引き上げました。

夜は久しぶりに顔を合わす写友たちと、楽しい楽しい時間を過ごしてきました。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

謹賀新年

6D_2017_02_14_2112.jpg

明けましておめでとうございます

この画像は、今年の年賀状に使ったものです。
琵琶湖の湖北に毎年飛来するコハクチョウの越冬の姿を撮影しました。
この年は雪が多く、車はもちろん徒歩でも近づくことが難しい状況でしたが、何とか望遠で写すことができました。
今年はまだ行けてませんが、月末頃にはぜひ行きたいと思っています。

ところで、第14回美しい風景写真100人展に久しぶりに入選しました。
作品は現在発売中の隔月刊「風景写真」1ー2月号の特別付録に掲載されています。
私の作品は「緑夏」というタイトルで、滋賀県醒井の地蔵川でシダとユキノシタを撮ったものです。

なお、写真展は1月4日からの東京を皮切りに大阪、福岡、札幌、名古屋と巡回されますので、お近くの会場で
ぜひご覧になって下さい。
全てフィルムによる作品で、東京のクリエイトさんが本格プリントされる全紙サイズの、プロ20点、アマチュア80点の
計100点展示は壮観です。
Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

晩秋の乗鞍高原

6D_1811044666.jpg
「晩秋」 長野県乗鞍高原

先週の土日に乗鞍高原に行きました。
冷え込みを期待して遅めの日程でしたが、初日は予想に反し暖かい日差し、2日目は曇りがちでちょっと残念、、、。

初日は境峠を越えるコースですが、峠付近やスーパー林道のカラマツの黄葉はまさに見ごろでした。
乗鞍高原まで来ると、カラマツが少し色を残している程度で、殆ど冬枯れの様子、、、さて明日はどうする、、、。

2日目の朝、霜でもと思って表に出てみると朝露が一杯、とりあえず朝食前に高原に、、、湿った感じでまあまあ、、、。
1時間余り撮影し、宿に戻って朝食をとり、のんびりと高原から下山しましたが、曇りがちのため少し冴えません。
連休で車の多いことが初日に分かっていたので、早めに帰路に、、、渋滞にもはまらず夕方の明るいうちに帰れました。

久しぶりの泊りによる撮影、高原の紅葉や霜風景は外しましたが麓の紅葉は見ごろで十分満足な2日間でした。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

秋の大白川

5D1810218150.jpg「湖畔を彩る」 岐阜県白川村

日曜日、久しぶりに写友3人と白川村の大白川公園に行きました。
紅葉には少し早いかと思いましたが、天候の良い日に行きたいということでこの日になりました。

まずは白水滝、紅葉は見ごろかと思われますがピークではないかも、、、。
展望所の周りの木も大きくなり、滝の見晴らしも少し制約を受けるようになってきたように思いました。
また、展望所直下も立ち入り禁止になっていたし、撮れる場所も狭いので、交代で撮るしか仕方ありません。

この後、キャンプ場や白水湖に回り、それぞれの撮影を楽しみました。
この辺りの紅葉は見ごろを迎えていましたが、少し下るとまだまだこれからという感じですね。

帰りの渋滞が予想されたので早めに切り上げ、夫婦滝に少し寄ってから帰路につきました。
悪天候を好んで撮影に行く天邪鬼ですが、雲一つない青空での撮影も気持ちよくてなかなかいいもんですね。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

喧騒 モネの池

5D1806247811.jpg
「涼しいのは鯉だけ」 岐阜県関市 「モネの池」

この日曜日、写友3人と板取方面に行ってきました。
メインはイワツツジだったんですが、天候などで延び延びになっていたこともあっていろんな場所に行きました。

通称「モネの池」も、なるだけ早く行けば少しは人も少ないだろうと9時過ぎに到着、そして見事に裏切られました。
車も止める場所がないほど混雑、うまく隙間を見つけて何とか止めて取あえず見てみることに、、、。
時間が少し早いことで、スイレンは開いていませんが、それでも折角来たんだからと少しは撮影しました。

早々に次のスポットに、、、少しは濡れているだろうと株杉の「21世紀の森」へ、、、ここはそれほど混んでいません。
ここで1時間半くらい撮影、混まないうちにと板取温泉のレストランで昼食、そして午後はイワツツジのスポットに、、、。
イワツツジはもうほとんどが終わっているし、岩も乾いて白っぽいのでここも早々に引き上げます。
そして朝は咲いていなかったスイレンも、今なら咲いているだろうと再び「モネの池」に寄り、今日は終了です。

それにしてもこの池、何時からこんなに人が多くなった、、、10年くらい前初めて訪れたときは誰もいませんでした。
当時の写真を見てみると、水も今よりずっときれいで、コイもいなかったように思います。
写真はまさに一期一会、その時出会った風景をしっかり記録しておく必要があると、つくづく思った一日です。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

緑の美しい季節 2

fuji.jpg
「フジとモミジ」 滋賀県東近江市

新緑を求めて走る林道撮影の2回目は、連休明けの滋賀県の政所(まんどころ)と言う山里に咲くフジの花です。

川沿いにある林道を走っていると、まず目にしたのがあちらこちらで咲いている山フジの花でした。
麓ではほとんど終わっていたフジですが、ここでは今が旬とばかりに咲き誇っていました。
しかしこの山フジ、なかなか曲者で撮影しにくいんですよね・・・高いところにあったり、枯れた枝などに絡んでいたり・・・。
ところがこの写真のフジは、上手い具合に新緑のモミジに絡んでいたので手持ちで一番美しい部分を切り取りました。

本当はもう少し下に咲いていて、川の流れも画面に入れられれば最高でしたが、そううまくはいかないですよね。
それとフジの色、目で見た色と写真の色の差・・・実際はもっときれいなフジ色紫色?・・・フジって本当難しい・・・
まだまだ修行が足りんのーー。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

S.Sakashita

Author:S.Sakashita
三重県と、その周辺の自然風景や、「神々の風景」をテーマにした神社の撮影もしています。

【写真集の販売について】
写真集『伊勢神宮の四季』は、現在もネットなどで販売中です。

【掲載画像などについて】
このブログ上の文書・画像の著作権は「伊勢の風」にあります。
無断での使用・転載は禁止します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード