ニコンD850体験撮影会in徳山湖

コピー - DSC_0186
「雨上がりの朝」 岐阜県揖斐川町  ニコンD850撮影

今週の火曜と水曜日、「Nikon D850で撮る錦秋の徳山湖!」と題したイベントに参加してきましたので、
その様子を、、、。

講師は人気の星野佑佳先生、それに風景写真出版編集長他とニコンのスタッフ、現地案内のN氏、そして100名強の応募者から抽選で選ばれた10名の写真愛好者の総勢17名が、うすずみ温泉のホテルに集合しました。

(1日目)
オリエンテーション後、今最も注目され年内は入手不可と言われている「ニコンD850」を最新のレンズとともに全員に貸し出され、いざ雨の徳山湖に出発です。

D850に、これも最新型の24-70F2.8VRを付けると2キロ超、、、これをスリックカーボンマスタープロ三段に付けると
、、、オモッ、、、結構重いです、、、雨の中での移動はなかなか大変です。
でも、写りはバッチリ、細い枝や葉の一枚一枚が精細に描写されています。

夜はホテルでおいしい食事をいただいた後、今度は近くの空き地で星の撮影です。
昼間の雨で中止かと思ったんですが、何と夜は晴れて星が見えたんです。
その後は、温泉で冷えたからだと今日の疲れを癒し早めの就寝です。

(2日目)
朝、2時半起床、3時出発、、、何とハードな、、、でも1日半に目一杯詰め込めばこうなりますよね。
徳山湖は星も見えますが雲も多い天気、昨夜の撮影方法を思い出し星景・夜景にチャレンジです。
掲載写真は、少し明るくなってから撮ったものですが、葉などが細かく写っています。(ここでは見えませんが、、、汗)
ここの紅葉は、見ごろからやや過ぎといった感じで結構楽しめます。

おにぎりをほおばり、撮影も続きましたが、9時半ごろホテルに戻りました。
この後は、昼食をはさんで待望の、でもちょっと怖い星野先生による講評です。
一人が3枚をセレクトし、エプソンの最新機PX-5VⅡでA3ノビにプリントしたものを講評されます。
丁寧すぎるのではと思うくらいの熱い講評で、自分をはじめ皆さんずいぶん勉強になったことと思います。
そのプリントはお土産にいただき、午後2時半ごろに解散しました。

ハードなスケジュールでしたが、なぜか楽しい2日間でした。
これも主催者側の周到な準備や無駄のない進行、講師の熱いご指導などによるもので、感謝の気持ちで一杯です。

フィルム時代はニコンを使っていましたが、今はキヤノン、、、うーん、マウント替え、、、悩ましいですね。
それにしても、、、D850 恐るべし!、、、知らなかったほうが良かった、、、かもです。

尚、この撮影会の様子は隔月刊「風景写真」1-2月号(12月20日発売)に掲載されますので、ぜひ見てください。
Home |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

愛知川秋景

6D_2017_11_08_4377.jpg
「愛知川秋景」 滋賀県永源寺町

先週、霧の濃い日に近くの峠を目指しました。
まだ全山紅葉には少し早いと思いましたが、霧に惹かれて行ってみることに、、、。

ところが、三重県側は霧が濃かったのですが、トンネルを抜けて滋賀県に入ると霧はそれほどでもありませんでした。
車を空地に置いて、橋まで来てみるとまあまあの紅葉だったので、数枚下の愛知川を入れて手持ちで撮りました。
紅葉が寂しいので、せめて霧でもあればもう少し雰囲気も出たんですが、ちょっと残念ですね。
ここは車の往来も激しいので早々に引き上げ、三重県側で少し霧の撮影をして今日は終了しました。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

立山はもう晩秋

6D_2017_10_01_3989.jpg
「剣岳遠望」 富山県立山天狗平

先週末、JNP秋の立山撮影会に参加しました。

初日の天狗平周辺は秋と言うよりもう晩秋の風情で、天気も薄曇りとあって被写体探しで苦労しました。
当然夕日も拝めず・・・さっさと引き上げて宴会会場に・・・懐かしい写友さんたちとの再会で盛り上がりました。

翌日も朝は曇り、写真は剣岳の雄姿が唯一見える天狗平から、前景にチングルマの群生を入れて撮ったものです。
期待していたのは、剣の頂上部が朝日で赤く焼ける姿、でもこればかりは思うようにはいかないものですね。

朝食後、弥陀ヶ原に向かいましたが途中から雨に・・・これが思いがけずに幸いし、足下の小さな秋が楽しめました。
この辺の紅葉はほぼピークでしたが時間切れ、雨で集中力も切れ、体力も限界、お腹も空いてきたので終了です。

四日市からは5時間ほどかかりますが、やっぱ剣岳はいつ見ても恰好良い・・・昔は登ったこともあったんですよ。
Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

夏の終わりの乗鞍岳

M3_2017_08_28_0072.jpg
「どこまで続く」 長野県乗鞍岳畳平 撮影M3

夏休み最後になって、やっと行けた乗鞍岳です。
7月に星を見る計画をしていたけど、天気が思わしくなく、どんどん延ばしていくうちに夏休みも終わりに近づきました。
焦っていたら、日曜日なんとか行けそうな予報が出たので、残り日数も考えて慌てていくことに決めました。

昼前出発、途中は良い天気、このまま夜までもてば星が見られるかも、、、しかし乗鞍高原まで来ると曇りがち、、、。
やっぱりダメか、正直諦めていたけど、宿の食事にビールも我慢したんだから、取あえず出かけてみることにしました。
駐車場に着くと、何と空一面に星が見えるではありませんか、、、さあこれから、あまり経験のない撮影開始です。
試行錯誤しているうちに、どんどん雲が出てとうとう見えなくなりました、、、その間約1時間、、、神様のご褒美です。

上の写真は翌日登った畳平のお花畑の様子ですが、ここも途中から霧が出て視界がほとんど無くなりました。
足元にはわずかにイワギキョウやチングルマ、キンバイ系の小さな黄色い花が少し残っているだけです。
風もあって寒いし、2時間余り滞在し降りることに、、、下の高原は晴れて暑い、少し散策してから帰途につきました。
最後まで天気に悩まされた乗鞍、、、星の写真は?、、、天の川らしきものが写ったものが一枚、、、いつかまた、、、。
Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

円原の光芒

6D_2017_07_19_3348.jpg
「夏の円原川」 岐阜県山県市

2年ぶりに円原に行きました。
朝4時に出発し予定通り6時に到着、平日にもかかわらず既に10台近く駐車されています。(相変わらずの人気)
車はかろうじて止めることはできましたが、撮影場所があるのかどうかちょっと不安になるも、とりあえず朝食を・・・。

ポイントには既に大勢のカメラマンの三脚で、ほとんど隙間がありません。
しかも今日は、いつもの場所ではなく後ろの狭い場所に大勢立っているので、前には出られません。
仕方なしに、土手を降りたすぐの場所にセットしましたが、写真にもあるように左前の大きな岩が少し邪魔をします。
まあそれでも、立てられるだけでも良しとして光芒の出現を待ちました。

6時40分ごろ光芒が差し始めましたが、靄が少ないのでそれほど目立つ光芒にはなりません。
取あえず何枚か撮影しましたが、2年前に撮影した光芒があまりにもすごすぎたので、ちょっと残念でした。

今日はなぜこんなに多くの人が、と思ったら信濃ナンバー・・・そう、自然〇の写真教室、T先生にもお会いしました。
Home |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

雨のダム湖

6D_2017_05_06_2622.jpg
「新緑と釣り人」 滋賀県多賀町

今年のゴールデンウィークは、今までにあまり覚えのない9連休でした。
ただ悲しいことに長い休みの上手な過ごし方を知らないので、雑用などをしながらグダグダして終わってしまいました。
撮影も、混雑の嫌いな私には予定もなく、でも何か撮らねばと思い雨の降りそうな土曜日に近くの山に出かけました。
思いがけず人も少なく・・・て言うか殆どいないので良かったのですが、着いた直後に猛烈な雨が・・・。
車で昼食をとりながらしばし待機・・・しばらくすると私の好きな小雨になり、ポイント探しをします。
新緑は美しいのですが倒木などが多く荒れていていまいち・・・しばらく走ると釣り人が一人向こう岸に・・・。
赤い合羽を着ていたので良いアクセントになると思い、シャッターを切ったのが上の写真です。
わかりますか・・・どこにいるのか、あまりにも小さすぎてほとんど見えませんね・・・残念!
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

西の湖残雪

6D_2017_02_14_2087.jpg
「葦と残雪」 滋賀県近江八幡

昨日、休みが取れたので久しぶりに撮影にと思い、行先は殆ど決めずに出ました。
いつもながら出発も遅いので、とりあえず山のほうへと石榑トンネルを目指しました。
トンネルを抜けるとそこは雪景色(どこかで聞いたような…)、おまけに雪まで降っているではありませんか。
初めは遠くへ行くつもりもなかったのですが、気が付けば琵琶湖の近くまで・・・まずは西の湖で残雪と葦の原を・・・。
その後は湖岸道路に出て北上、しばらくは穏やかな晴天でしたが長浜辺りから吹雪に・・・前も見えないくらいです。
途中、コハクチョウなどを見たりしていましたが、私あまり鳥には興味が無くて・・・夕景も撮らずに帰りました。
Home |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

南越前撮影行

6D_2017_01_28_1904.jpg
「波高し」 福井県越前海岸

先週土日、福井の某写真グループの新年会に招かれましたので、撮影も兼ねて行ってきました。

土曜日は、三島池、琵琶湖岸を北上し、まだ残っている雪や結氷を撮影、その後南越前を海岸沿いに走ります。
越前海岸は、今まではいつ来ても波が穏やかで迫力不足でしたが、今回はなかなかの高波が打ち寄せています。
見てると面白くて切がないけど、6時には花はす公園の宿に入らなければならないので、4時頃には引き上げました。

翌朝は、前夜のアルコールもすっかり抜けてしまうほどの冷え込み・・・これは期待が持てますね~。
まだ暗い6時半ごろ蓮池に、既に数名の方が撮影中、皆女性たち、最近はどこでも男性陣より積極的ですね。
狭い周回路は雪深く、ズボズボ踏み込むため思うように動けないのが辛いけど、池はそれでも魅力的で楽しめました。
遅い朝食をとって、その後大方は東尋坊へと、私は再び蓮池で撮影(好きですね~)・・・ゆっくり帰途につきました。
Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

南紀州撮影行

6D_2017_01_14_2462.jpg
「太平洋への落日」 和歌山県見老津

久しぶりの更新です。
先週の土日、JNP三重支部の撮影会で今年初めての撮影に南紀方面に行きました。
強烈な寒波の影響で、南紀といえども土曜日は風の強い寒い日で、立っているのがやっとというような日でした。
波頭に当たる強風で飛沫が飛び散って面白い光景が見られるものの、やはり寒さと風で集中力は無くなります。
とにかく早くホテルに戻って、温泉に入ることに思いをめぐらしひたすら耐えました。(ちょっと大げさかも・・・)

日曜日の朝は海霧を狙って荒船海岸に行きましたが、残念ながら海霧は出ず、ごく普通の朝日を撮りました。
古座川の上流を少し回って帰途につきましたが、鈴鹿辺りから雪景色、こちら方面のほうが良かったかも・・・。

とは言え、私のところでも半端ない大雪、写真を撮っている場合ではなく、仕事も休んで雪かき雪下ろしです。
今、やっと人心地ついたところです・・・明日の出勤、大丈夫かな・・・。
Home |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

いつもの蓮田

IMG_2326.jpg
「夢の後」 愛知県愛西市

先日、岐阜でやっていた写真展を見に行った帰り道、いつもの蓮田に寄ってみました。
夏には立派な花を咲かせた蓮も、静かにうなだれるように朽ち果てるのを待っている・・・こういうの好きなんです。

さて、今年もあとわずか、何かもう一回撮影したいのですが、近くでは雪や氷はもちろん霜すら殆どありません。
年末に遠くまで行くのはなんとなく億劫だし、このまま終わってしまうのかも・・・。
四国香川の「ギャラリーおおきた」さんでの私の写真展「瞬彩」も、来週火曜日で終了します。

年が明ければイベント目白押し、名古屋の100人展、熊野での撮影会、福井での新年会等々・・・。
それまでは体力温存に努めましょうか・・・。
Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

S.Sakashita

Author:S.Sakashita
三重県と、その周辺の自然風景や、「神々の風景」をテーマにした神社の撮影もしています。

【写真集の販売について】
写真集『伊勢神宮の四季』は、現在もネットなどで発売中です。
お問い合わせは下記カテゴリ「写真集購入ご案内」からお願いします。

【掲載画像などについて】
このブログ上の文書・画像の著作権は「伊勢の風」にあります。
無断での使用・転載は禁止します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード