大鳥居からの日の出

5D_2014_12_05_4426.jpg
「日出る」 三重県伊勢市 伊勢神宮内宮

冬至の頃、やはり外せないのが、宇治橋の外鳥居の真ん中から昇る日の出です。
この日もやはり大勢のカメラマンが待機していました。
私は神域を撮影してからここに来たので、当然遅いとはわかっていましたが案の定場所はありません。
平日だからひょっとすると・・・と思っていましたが、ちょっと甘かったです。
仕方がないので、集団の後ろから少し離れて撮ることに・・・オッ、意外なアングル・・・今まで撮っていません。
宇治橋前の広場に植えてある大きな松の枝で、単調な空を隠してみました。

ところで今年もあとわずかになりましたね。
私の場合、今月7年乗った車を買い替えたこと以外、特にこれといった事もない平々凡々な一年でした。
でも、家族がみんな健康であったこと、考えてみればこれが一番良かったかな・・・なんて思う年の瀬です。

Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

またまた伊勢神宮

5D_2014_12_05_4457.jpg
「朝日に煌く」 三重県伊勢市月読宮

今週も伊勢神宮に行ってきました。
紅葉は殆どダメでしたね。先週行っておいてよかったです。(ネットの紅葉情報は全く当てにならない)

まあ紅葉はだめでしたが、その代わり宇治橋には霜がびっしり降りていました。
ただ残念ながら、橋の両隅には滑り止めのカーペットが敷かれていて見た目にはちょっと・・・。
先週はなかったので、12月に入ってから敷かれたものと思われます。
参拝者の安全を考えれば至極当然、現に目の前で白装束の女性が見事に転倒されましたから・・・。

この時期のもう一つの目玉は、大鳥居の間から上る朝日の撮影です。
冬至の前後一週間くらいがベストとされていますので、この日も大勢集まってきました。
白木の大鳥居の真ん中から朝日が昇る・・・でも鳥居はシルエットになってしまうので白木かどうかは・・・。

写真は今回の目的の一つ、遷宮後の月読宮です。(月読宮は奥から二つ目)
朝日を受けて神々しくきらめく、新しい社殿が眼に眩しかったです。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

伊勢神宮の紅葉

5D_2014_11_28_4278.jpg
「雨上がりの宇治橋」 三重県伊勢市

金曜日、久しぶりの伊勢神宮です。
早朝お湿り程度の雨が降り、宇治橋が丁度いい加減に濡れていました。
大鳥居も先月立て替えられたので、白木が美しく、濡れた宇治橋に映えていました。
紅葉は既に遅いものや、まだ色付き始めといったものが混在していますが、見ごろと言えば見ごろかも・・・。
写真右のもみじは宇治橋に近くて絵になりますが、まだまだピークは先のようです。
御手洗場左手の、これも絵になる紅葉は、いつも早い色付きで今回もピークは過ぎていました。
とは言え伊勢神宮は来ただけでなぜか落ち着くし、紅葉などはどうでもよくなりますから不思議ですねえ。
今回は外宮もよってきましたが、古い社殿がなくなって新しい御正宮がよく見えるようになりました。
(遷宮前は、内宮の御正宮は見えたけど今は見えず、外宮は逆に見えなかったけど今は見えます)
外宮御正宮前の大きな2本のもみじが黄色く色付いていて、これは予想外でした。
やっぱり行かないことにはだめですね。
Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

伊勢神宮ネタをひとつ

5D_2014_04_04_2987.jpg
「神さまの田の種まき」 三重県伊勢市

4月4日、伊勢の御神田で神田下種祭が行われましたので行ってきました。
神田下種祭とはその名の通り、神田(苗床)に種をまく祭りですが、ただ種をまくだけではありません。
まず山口祭、お祈りをして神田の裏山に入り、一本のイチイガシの枝を切って柄を作ります。
この柄をつけた鍬で鍬入れ祭、そして良く耕した苗床にようやく種をまきます。
この鍬を作る過程が長いです、強い風の吹く中、小一時間はずっと立って待っていなければなりません。
その間、裏山の行事は殆ど見えませんので、とにかくひたすらじっと待つんです。
やっと神田での行事になりましたが、一般者には後姿しか見えないので写真的には余り面白くありません。
以前、許可をもらって撮っていたときは、報道関係の場所で撮れましたから良かったんですけどね。
それでも少しだけこちらを向いてくれる時もあり、その一瞬を狙って撮った写真が上の一枚です。

<写真展ご案内>
第11回日本風景写真協会愛知第一支部写真展
日時:4/25(金)~5/1(木) 10時~18時(最終日は14時まで)
場所:富士フイルムフォトサロン名古屋
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

雪の伊勢神宮

5D_2014_02_14_2777_201402152132292ea.jpg
「雪の風日祈宮橋」 三重県伊勢市

先日の大雪の日、伊勢神宮も経験ないくらいの大雪でした。
伊勢も雪だという情報を聞き自宅を7時出発、渋滞と雪による速度規制とで内宮駐車場に9時到着です。
この時点で既に10センチくらいは積もっていましたが、とにかく撮影しないと、と気が焦ります。
まずは宇治橋、三脚をセットし片手で傘を差してのカメラの操作は無理、ここで三脚はあきらめました。
それからは全て手持ち、絞ることは出来ませんがとにかくシャッターを押さないことには・・・。
しかし今日の雪は半端なくどんどん降ります、あちらこちらで木の枝がバリバリ・・・折れて落ちてきます。
写真は撮らなきゃならないは、頭上には注意をしなきゃならないはで大変です・・・こんなことは初めてです。
とりあえず1時間半くらい経ったところで、衛士さんが来て「参拝停止になりました、すぐ出てください」・・・
未練はあったけど、仕方がないので戻ってくると宇治橋前で止められた人たちが残念そうに見てました。
まあ、こんなに珍しい雪の伊勢神宮が少しは撮れたんだから、改めて神様に感謝感謝ですよね。
走ってきた高速道路はちょっと前に通行止め、下道も真っ白で危ない危ない、帰りは3時間もかかりました。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

今年も後6時間です

PC310013 - コピー
「大篝火」 三重県伊勢神宮外宮

今年も後6時間、随分押し迫ってきました。
何とかもう1回更新したいと思っていましたが、やっと出来ました。
とは言えアップした写真は過去のものですがお許しを、でも最後はやっぱり伊勢神宮で終わりたいので・・・。
という訳で、外宮の大晦日に行われる大篝火を選びました。
今年も行きたかったんですけど、いろいろありまして・・・。

ところで先日、美しい風景写真100人展のオープニングパーティーが東京でありましたので参加しました。
大勢のプロの先生やベテランアマチュアさんと旧交を温め、二次会にも同行し楽しい東京の夜でした。
写真展はこれから1月が大阪、2月名古屋、3月仙台、4月札幌、5月福岡と巡回します。
お近くの方はぜひご覧になってください、100点もあるとそれは見ごたえありますよ。
ところで、私の作品は下の写真ですが、これは「隔月刊風景写真1・2月号」の付録の作品集を撮りました。

それでは皆さんどうぞ良いお年を・・・。
DSCN3596 - コピー
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

ポスターに写真提供

DSC_0011_20131016194346b64.jpg
「新風日祈宮橋」 三重県伊勢神宮

今回突然、下にご紹介のポスターへの写真提供を、何と東大寺の方から依頼を受けました。
写真はというと以前出版した「伊勢神宮の四季」及び「太陽」に掲載の、旧内宮御正宮の写真です。
エッ、あの東大寺の方が伊勢神宮、と初めは思いましたが話を聞いて納得です。
神仏霊場会設立5周年記念シンポジウムのポスターだそうです。

そして先日、完成品が送られてきました。
上部に「熊野勧心十界曼荼羅」兵庫県立歴史博物館蔵、下部に伊勢神宮御正宮というデザインです。
まあ、ありがたいことですが、これは作品云々ではなく神宮の御正宮だからであります。(当たり前だろっ)
依頼者も、どうせなら新しい御正宮がいいと思われたでしょうが、納期的に間に合わなかったんですよね。

と言うことで、今回の作品は伊勢神宮の風日祈宮橋を仮橋から眺めた珍しい写真にしました。

DSCN3143.jpg
神仏霊場会設立5周年記念シンポジウム
「日本人の信仰 神と仏をめぐって」
開催日時:平成25年11月17日(日) 午後1時30分
開催会場:東京国立博物館 平成館大講堂
参加費無料、定員380名 お近くの方で興味のある方はぜひ行ってみてください。

Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

伊勢神宮の紅葉

5D_2012_11_30_1236.jpg
「秋の五十鈴川」 三重県伊勢市

先週末は、伊勢神宮に行きました。
駐車場が夏に有料化されて以来初めてですから本当、久しぶりです。
紅葉は、まずまず見ごろだと思いますが、何となく色が冴えません。
風日祈宮橋で撮影している時、顔なじみの衛士さんに声をかけられ少し話しましたが、「こんなもんですか」
「最近はあまり赤くなりませんね」なんて話を・・・5~6年前はもっときれいだったような・・・。
やっぱり気候のせいなんでしょうかねえ・・・上の写真は五十鈴川・・・遠くに宇治橋が見えます。
Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

珍しい伊勢神宮ネタ

PA100003.jpg
「守る」 三重県伊勢市伊勢神宮内宮

今日は伊勢神宮のネタとしては珍しい写真をお見せします。
宇治橋を渡ったことのある方は、川上側に写真のように杭が何本か立っている事に気づかれましたか。
「木除杭」と言って、宇治橋の橋桁を上流から流れてくる流木などから守るために立っているんですね~。
そして見事にその役目を果たした瞬間の写真が、上の写真なんです。
こんな大木が、まともに橋桁にぶつかっていたら・・・大きな被害が出ていたかもしれませんよね。
先人の知恵ですね・・・前回の宇治橋の写真と一緒に見ていただけばよく判ると思います。
Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

写真展もあと5日

sinujibasi.jpg
「五十鈴川に架かる宇治橋」 三重県伊勢市伊勢神宮内宮

写真展も今日を入れて、あと5日となりました。
お盆休みと土日は会場に居ましたが、来ていただく方は写真好きな人ばかりで写真談義で話が弾みます。
おかげで帰るころには声がかすれてひどいもんです。
遠いところだと岐阜からも来ていただいて、本当感謝感謝です。
今週の土日も、会場に居る予定ですのでぜひ話に来てください、お待ちしています。

上の写真は、新しく架け替えられて直ぐ後の宇治橋です。朝日を受けて眩しいばかりに光っていました。

DSCN2250.jpg
写真展の会場の様子、写ってはいませんがこのフロアにある写真は全て私の作品です。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

S.Sakashita

Author:S.Sakashita
三重県と、その周辺の自然風景や、「神々の風景」をテーマにした神社の撮影もしています。

【写真集の販売について】
写真集『伊勢神宮の四季』は、現在もネットなどで発売中です。
お問い合わせは下記カテゴリ「写真集購入ご案内」からお願いします。

【掲載画像などについて】
このブログ上の文書・画像の著作権は「伊勢の風」にあります。
無断での使用・転載は禁止します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード