いなべの枝垂れ桜

5D1803317539_20180407150759da5.jpg
「枝垂れる」 三重県いなべ市 勝泉寺

今年の桜は早いです。早すぎます。計画が全部狂ってしまいました。
例年なら今週末や来週末がピーク、、、のような計画を立てていましたが、全くダメでした。

上の写真は辛うじて3月末に撮った桜ですが、4月の桜はタイミングも悪く殆どダメで、おまけに晴れ続きで最悪、、、。
ところでこの桜の写真、下はお墓で、あまりうろうろできないので手持ちです。

北のほうに行けばまだ撮れそうなところはあるのでしょうが、気持ちが切れてあまり行く気が湧いてきません。
とまあ、毎年こんな言い訳をしながら春が終わっていくんですが、、、次は新緑に期待?、、、。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

春を撮影

5D1803317557.jpg
「春の花競演」 三重県いなべ市

花粉のために引きこもっていましたが、やれあそこの桜が満開だ、こちらは散り始めたなど周りがうるさくなってきたので、
やむを得ず昨日近場を回ってきました。
すると、思っていた通り自宅周辺の桜は満開やや過ぎ、少し北ではほぼ満開といった感じでした。
天気が良すぎてなかなか撮りづらかったんですが、毎年の恒例行事みたいなもので取あえず何枚か撮ってきました。

掲載の写真は良く行く北勢町のお寺の枝垂れ桜を見た帰り道で撮った、桃・紅梅・白梅の春の花の競演の様子です。
なんか今年はだんだん咲いていくというより、どれもが一気に咲いてしまった感じで季節の移ろいをあまり感じません。
撮影計画も立てづらく、我々アマチュアカメラマンにも受難の年になっています。
農家の方と同じで、雨が少ないのも困りもの、、、花などもからからに乾いた感じで潤いがなくちょっと残念です。

そしてやっぱり花粉の脅威、,調子に乗って外をほっつき歩いていた報いが来ました。
目をこすりながら涙目で、鼻水をすすりながらこのブログを書いている始末です。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

雪の越前岬

5D_2018_01_28_7276.jpg
「雪の水仙畑」 福井県越前町

先週の土日は毎年恒例になった、福井県は越前での新年会に参加してきました。
地元の写真クラブが主催ですが、遠くは群馬、そして愛知・大阪・京都・三重などから参加者が集まります。

我々のグループは、まずは琵琶湖から撮影を開始する予定でしたが思わぬ大雪で撮影もままならず余呉湖に変更、
何とか撮影することができました。
雪で悪戦苦闘したので、高速を使って福井まで行くことにしましたが、何と除雪作業車が先導し時速20~30キロ
で木ノ本から敦賀まで、、、何のために高速に入ったのやら、、、。
まあ、それでも十分間に合い、宴会までの小一時間ゆっくりと冷えた身体をお風呂で温めることができました。

翌日は全員で花はす公園や越前岬の水仙などを回りましたが、雪が多かったり花が少なかったりとちょっと残念、、、。
お昼に食べた「かに丼」が美味で、この日一番のポイントでした。
写真は梨子ケ平の水仙ですが、雪に埋もれていたり、花が枯れていたりとかの中で唯一見れたひと塊を撮りました。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

夏の名残のひるがの高原

M3_2017_10_09_0254.jpg
「初秋の高原」 岐阜県ひるがの高原

久しぶりの、撮影目的でない観光ドライブでひるがの高原「牧歌の里」に行きました。
とは言え、カメラを持たないと落ち着かない性分のため、M3に標準ズームを付けた1台はお供させました。

朝は曇っていましたが、途中からは青空も、そして秋の高原とは思えないほど暑い日になりました。
花は最後の見ごろか、思っていた以上にきれいでしたが、終盤気味のものが多かったのはちょっと残念です。
アルパカやヤギ、ヒツジ、牛や馬など動物も多く、子供連れには楽しいかもしれませんね。

私のお目当ては「飛騨牛まつり」と称した飛騨牛ステーキ丼1500円、限定100食限りというので並びました。
発泡スチロールの丼がちょっと残念ですが、まあこの値段ならしょうがないですよね。
肉は丼が隠れるくらい大きく、しかも柔らかく味も最高、屋外で食べるのもまた良かったです。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

初秋の花満開

M3_2017_09_24_0168.jpg
「秋の色」 三重県菰野町

彼岸花を探して近くを走っていて、偶然見つけたシーンです。
鈴鹿山系をバックに、早くも咲き出したコスモスと満開のヒガンバナを撮ってみました。

彼岸花とコスモスは少し距離があるため、どちらかがぼけます。
この写真は、コスモスにピントを合わせたカットですが、遠くの家並みなどを外したいのでカメラ位置は結構低いです。
こんな撮影をするときは、モニターがチルトになっていると無理な姿勢をする必要がないので楽です。
買ったばかりのM3は、こういう使い方でかなり出番が多くなっています。

どんどん軟弱な方向に進んでいるけど、最近久々に645のフィルムも買ったので、どこかで撮影をと考えています。
撮り方、忘れてないといいけど・・・。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

まだ咲いていました

M3_2017_09_12_0097_20170917181726173.jpg
「押し合いへし合い」 岐阜県海津市 撮影M3

先週、稲田の中に咲く蓮があると聞き、探しに行きました。
ここと思しき場所をうろうろしましたが探せず、携帯で聞きながらでも探せず、あきらめてオニバスを見に行くことに・・・。

もう咲いてないかな、と思っていたら、なんと何と結構咲いているではありませんか。
ただ、咲いてはいるものの特徴のある葉が大きく育ちすぎ押し合いへし合い、中には乗っかっているものもあります。
池の水が殆ど見えないくらいに葉が覆ってしまっていて、花はその大きくなった葉を突き破るような形で咲いています。
その必死な様子がうかがえて、ちょっと感動しました。
それにしても葉の大きさや、とげとげのある葉に比べて花の小さくて可愛いこと、これも蓮の仲間・・・?。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

ミラーレス仲間入り

M3_2017_07_26_0018.jpg
「終の美」 愛知県愛西市  キヤノンM3 EF-M15-45IS 手持ち

キヤノンのミラーレス一眼、「EOSM3」が新しく仲間入りしました。
今までサブ機としてはAPSCサイズのキヤノンの二桁機を使っていましたが、まあ望遠の延長くらいしか出番もないし、
それなら少しでも軽いミラーレスはと思い、旧タイプとなって安くなった「M3」のレンズキットをネットで購入しました。

キヤノンのミラーレスは、メーカーがどうも本気モードでないのか、あまり評価も芳しくないですね。
まあ、それでもアダプターさえ付ければ、手持ちのEFレンズ資産が使えるわけですから・・・それにメインでも無いし・・・。

と言う訳で、早速試写にいつもの蓮田に出かけました。
フルサイズがメインの私からすると、まあ軽い・・・首にかけても全く負担がありません。
それに小さい・・・両手ですっぽりって感じ・・・でも、小さすぎて扱いが結構せせこましいのが難点かも・・・。
出てくる絵は・・・おっ、なかなか良い感じ・・・手振れ防止も結構効くし・・・と、第一印象はまずまず・・・。
PCで確認すると、APSCだからか今までの二桁機と遜色は無い・・・と言うか、センサーが新しい分だけ良いかも・・・。

これをバッグの隅に忍ばせておけば重さもさほど気にならないし、サブ機として、お散歩用としても十分に・・・。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

初夏の乗鞍高原

6D_2017_06_20_2696.jpg
「レンゲツツジの咲く頃」 長野県松本市

5日ほど前、初夏の乗鞍高原を訪れました。
最近はよく行くようになりましたが、秋が多くて今回のように初夏に行くのは本当に久しぶりでした。
レンゲツツジは満開のものもあれば散り始めているものまであって、全体的にはギリセーフといったところでしょうか。

一日目は高原とは思えぬほど暑い晴れ、二日目は朝から雨と、変化に富んだ撮影になりました。
それにしても、一ノ瀬園地も白樺の木が随分と少なくなり、高原のイメージが変わってきたことがちょっと残念ですね。

ところで今朝の地震、長野県南部が震源地・・・えっ、ちょっとびっくりしました。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

初夏の溜池

6D_2017_06_14_2681.jpg
「初夏の風」 三重県四日市市

梅雨とはとても思えない日々が続いているので、雨の好きな私には全く写欲が湧いてきません。
それでもカメラをカビさせないためには使ってやることも必要かと・・・近くの池に出かけてみることにしました。

ここは四日市の郊外にある和無田(わんだ)池という、地元のカメラマンにはちょっとした有名撮影地になっています。
私は初めてでしたが、新聞などにもヒメコウホネの開花のニュースが出たりしているのでちょっぴり期待をもって・・・。
さて到着して・・・えっ、ここなの・・・新聞の切り抜きが立札のように立ててあるので、多分間違いないのでしょう・・・。
しばらくすると一人のカメラマンがやってきたので、聞いてみると間違いなくここだと言われ・・・少し失望感が・・・。
本当に小さな池で、花もそれほど多くない、でも来たからには何か撮ろうと思ってやっと撮った写真が上の一枚です。
小さなヒメコウホネの花と、バックの竹やぶの映り込みが少し出てきた風に揺らいでいる様子を収めました。

前回ご案内の写真展後半の部、昨日から今週末の日曜日まで三重県美術館で開催中です。
お近くの方はぜひお越しください。
Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

今季最後の桜・・・

6D_2017_04_25_2489.jpg
「春爛漫」 奈良県曽爾村屏風岩公苑

いよいよ最後と思い、三日ほど前に屏風岩公苑を訪れました。
この地域ではここの開花が一番遅くて、最近は桜撮影の最後はここで締めくくることが多くなりました。
本当は雨の日に訪れたかったのですが、この日しか休みが合わなかったので晴れていたけど行くことに・・・。

到着は6時頃、駐車場は平日とは言えほぼ満車でしたが、うまい具合に1台分の空きがあり止めることができました。
花はほぼ満開、木によっては散り始めのものもあり見ごろかと思いました。
青空なので超広角レンズを使って、空に大きく抜く構図で何枚か撮影できました。

2時間ほど撮影を楽しみ、その後は鳥見山と室生湖を回って、午前中に帰宅しました。
これで桜は最後かな・・・でも、まだ荘川桜はつぼみだし・・・もう一回は・・・でも連休中に咲きそう・・・ああ悩ましい・・・
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

S.Sakashita

Author:S.Sakashita
三重県と、その周辺の自然風景や、「神々の風景」をテーマにした神社の撮影もしています。

【写真集の販売について】
写真集『伊勢神宮の四季』は、現在もネットなどで発売中です。
お問い合わせは下記カテゴリ「写真集購入ご案内」からお願いします。

【掲載画像などについて】
このブログ上の文書・画像の著作権は「伊勢の風」にあります。
無断での使用・転載は禁止します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード