いったい何時になったら

ハマユウ咲く浜
「ハマユウ咲く浜」 8月中旬 晴れ 三重県志摩市国府

いったい何時になったら梅雨は明けるんですか?
計画は狂ってくるし、身体もカビて来るし・・・(既にサビてはいますが)
この先1週間くらいの天気予報にも、この辺に晴れマーク全然ありませんよ。
写真のように晴れた日の朝早く、海に行って潮風一杯吸ってみたくなりました。
この浜は、関西方面からサーファーが多く来るところで、近くには四角い形をした安乗の灯台もあります。
Home |  Category:三重県の風景 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

まずは一段落!

夏の林床
「夏の林床」 7月上旬 曇り 奈良県大台ケ原 

18日から四日市・鈴鹿と続いていましたJNP三重支部の写真展が、とりあえず昨日で一段落しました。
次は9月の4日から始まる紀北町の写真展まで少し時間があります。
さぁ撮影に行かなくては・・・とは思いますが、それがなかなか行けないんですねぇ・・・。
夏休み期間中はいろいろ行事がありますし・・・とか言ってますが、本音は少々お疲れ気味です。
まだまだ本格的な夏にもなっていないというのに、もう夏バテなんです。
『伊勢神宮の暗号』はまだ読み始めですが、なんか面白そうなので、これでも読んで少し休みます。
写真は奈良県大台ケ原のコバイケイソウですが、霧もあっていい雰囲気でした。
Home |  Category:四季の風景 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

カバー写真に使っていただきました

吼える獅子
「獅子吼える」 8月上旬 曇り 三重県熊野市獅子岩

目障りな鳥に向かって吼える獅子・・・のように見えませんか。
この獅子岩を見ている場所は来月の花火大会で、カメラマンが大挙押し寄せる有名な場所です。
ところで何故獅子岩かといいますと、私の誕生日が今の時期・・・誕生星座・・・そう獅子座なんです。
何とかつながりを・・・と思ってこの写真にしましたが、無理がありますか。

<ご案内>
本のカバー写真に私の写真を使っていただきました。
カバー写真
発行日: 2009/7/21
書籍名: 伊勢神宮の暗号
著者:   関 裕二
発行所: 講談社
定価:   1500円(本体、税別)

著者の関裕二氏は古文書の詳細な分析によって、古代史の真相を明らかにすることで数多くの
著書のある人気作家です。
昨日届いたばかりでまだ読んでいませんが、早く読みたくなるようなタイトルで、本当楽しみです。
読後の感想もこのブログで紹介したいと思います。 乞うご期待!

Home |  Category:雑誌などへの掲載 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

道の向こうには

続く木道
「続く木道」 7月下旬 福井県敦賀市池河内湿原 

ここは小さな湿原ですが、周辺は過疎化の進んだ集落で、なぜか心惹かれてよく行きます。
この日の湿原は、うっすらと霧が立ち込めいい雰囲気でした。
他には誰もいず、一人で木道を歩いていると、このまま林の中へ吸い込まれていってしまいそう・・・。
慌てて引き返す自分の姿が、滑稽に思えて一人で苦笑してしまいました。

<写真展御礼>
日本風景写真協会三重支部写真展四日市展は今日が最終日となりました。
連日大勢のかたに来て頂きまして、本当にありがとうございました。
21日(月)からは場所を鈴鹿市役所内市民ギャラリーに代えて26日(日)まで行います。
下の写真は土曜日の会場風景
09写真展

Home |  Category:四季の風景 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

写真は終焉ですが

終焉のとき
「終焉のとき」 7月中旬 曇り 愛知県愛西市 NikonP5000

花蓮を撮り終えて、帰路の途中で見つけた風景。
ついこの間までは、咲き誇っていたであろう花菖蒲の池で、一輪だけがまだ頑張っていました。
その何か健気な様子に心惹かれて撮影しました。
最近は、こんな風景になぜか目が行きますが、これってもしかして・・・年のせい?

<ご案内>
日本風景写真協会三重支部写真展
7月18日(土)~20日(月) 9:00~17:00 四日市市文化会館 全紙サイズ75点
三重支部設立5周年記念「三重の風景」特別展示
Home |  Category:四季の風景 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

気品ある姿に一目惚れ

凛として
「凛として」 7月中旬 曇り 愛知県愛西市 NikonP5000

多くの蓮が咲くその池で、この一輪に釘付けになりました。
他を圧倒する、その気品ある姿に一目惚れです。(撮影するのも忘れるほど・・・)

<写真展ご案内>
日本風景写真協会三重支部作品展
7月18日(土)~20日(月、海の日) 9:00~17:00 四日市市文化会館

支部設立5周年を記念して「三重の風景」を特別展示いたします。
会員が三重県のあちらこちらを取材して作品にした46点と、県外の作品も含めて
総数75点の豪華な写真展です。
エッ三重県にこんなところあるの・・・と思われること必定です。
お近くの方はぜひ御高覧頂きますようお願いします。

<ラジオによる関連取材>
7月15日(水) 16:10~ エフエムよっかいち(ポートウェイブ) 76.8MHz
こちらでも写真展に関する電話インタビューを受けることになりましたので、ぜひお聴きください。
Home |  Category:写真展ご案内 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

滝の三連発です!

涼景
「涼景」 7月中旬 曇り 福井県池田町龍双ヶ滝 PENTAX645N

滝三連発です! この滝は龍双ヶ滝といい、私の好きな滝ベスト3のひとつです。
どうでもいいですが~~ちなみに、他の二つは奈良県の御船の滝と岐阜県の唐谷滝です。
その理由は①姿が美しい②周りの雰囲気がいい③撮影しやすいなどです。
というわけで、この三つの滝には何度も何度も出かけては同じような写真ばかり撮ってます。

<ご案内>
私の所属している日本風景写真協会三重支部の作品展を7/18~7/20に四日市で行います。
詳細は後日お知らせしますが、そのことで7/15(水)にラジオ番組に電話で出ます。
お聴き出来るところの方はぜひ聴いてください。
7/15(水) 16:10~ エフエムよっかいち(愛称ポートウェイブ) FM76.8MHz
Home |  Category:四季の風景 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

三重県の滝

蒼滝奔流
「蒼滝奔流」 7月中旬 晴れ 三重県菰野町蒼滝 PENTAX645N 菰野町フォトコンテスト入選作品

「三重県自然再発見」と謳いながら、最近は他県の写真が多くて反省です。
そこで滝つながりですが、地元の滝を水量が多かったので普段あまり見ない角度で撮った写真です。
滝の縁を少し登り、身体を岩にあずけ、水飛沫がバックの黒々とした木に浮かび上がるようにしました。
また、前後にピントが来るギリギリ速いシャッターで、水飛沫を止めました。
爽快感を出そうとしたんですが?・・・夏はやっぱり滝でしょう。^^
Home |  Category:三重県の風景 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

偽装写真?

飛沫涼しげ
「飛沫涼しげ」 2009/06/28 PM1:00 晴れ 奈良県川上村御船の滝 NikonD40

コアジサイを探して、奈良の山中を走っている途中に立ち寄った御船の滝です。  
ここにもコアジサイは少し咲いていましたが、時期的にはやや遅めでした。
展望東屋で昼食をとっている時、違和感のある1本のしおれたコアジサイが目にとまりました。
よく見て驚きました!なんと、切り株にどこからか折ってきたコアジサイが無造作に突っ込まれていました。
しおれ具合から、おそらく前日の土曜日か日曜日の朝早くここに来たカメラマン?・・・だと思われます。
こんなことまでして撮った風景写真?・・・意味あるんでしょうかね?
邪魔な枝を折る、無いものを採ってきて置く、花を撮った後に千切る、畦道を踏み荒らすなどなど・・・・・・。
最近このような事例をよく耳にしますが、自分さえよければ・・・というカメラマン増えましたね。
自分もそう見られないよう十分自重して、楽しく撮影したいものです。   (証拠写真↓↓)
証拠写真
Home |  Category:四季の風景 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

S.Sakashita

Author:S.Sakashita
三重県と、その周辺の自然風景をデジタルと銀塩で撮影しています。
最近は「神々の風景」をテーマに、三重県及び各地の神社の撮影もしています。

【写真集の販売について】
写真集『伊勢神宮の四季』は、只今書店及びネットにて好評発売中!
お問い合わせは下記カテゴリ「写真集購入ご案内」からお願いします。

【掲載画像などについて】
このブログ上の文書・画像の著作権は「伊勢の風」にあります。
無断での使用・転載は禁止します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード