ニコンD850体験撮影会in徳山湖

コピー - DSC_0186
「雨上がりの朝」 岐阜県揖斐川町  ニコンD850撮影

今週の火曜と水曜日、「Nikon D850で撮る錦秋の徳山湖!」と題したイベントに参加してきましたので、
その様子を、、、。

講師は人気の星野佑佳先生、それに風景写真出版編集長他とニコンのスタッフ、現地案内のN氏、そして100名強の応募者から抽選で選ばれた10名の写真愛好者の総勢17名が、うすずみ温泉のホテルに集合しました。

(1日目)
オリエンテーション後、今最も注目され年内は入手不可と言われている「ニコンD850」を最新のレンズとともに全員に貸し出され、いざ雨の徳山湖に出発です。

D850に、これも最新型の24-70F2.8VRを付けると2キロ超、、、これをスリックカーボンマスタープロ三段に付けると
、、、オモッ、、、結構重いです、、、雨の中での移動はなかなか大変です。
でも、写りはバッチリ、細い枝や葉の一枚一枚が精細に描写されています。

夜はホテルでおいしい食事をいただいた後、今度は近くの空き地で星の撮影です。
昼間の雨で中止かと思ったんですが、何と夜は晴れて星が見えたんです。
その後は、温泉で冷えたからだと今日の疲れを癒し早めの就寝です。

(2日目)
朝、2時半起床、3時出発、、、何とハードな、、、でも1日半に目一杯詰め込めばこうなりますよね。
徳山湖は星も見えますが雲も多い天気、昨夜の撮影方法を思い出し星景・夜景にチャレンジです。
掲載写真は、少し明るくなってから撮ったものですが、葉などが細かく写っています。(ここでは見えませんが、、、汗)
ここの紅葉は、見ごろからやや過ぎといった感じで結構楽しめます。

おにぎりをほおばり、撮影も続きましたが、9時半ごろホテルに戻りました。
この後は、昼食をはさんで待望の、でもちょっと怖い星野先生による講評です。
一人が3枚をセレクトし、エプソンの最新機PX-5VⅡでA3ノビにプリントしたものを講評されます。
丁寧すぎるのではと思うくらいの熱い講評で、自分をはじめ皆さんずいぶん勉強になったことと思います。
そのプリントはお土産にいただき、午後2時半ごろに解散しました。

ハードなスケジュールでしたが、なぜか楽しい2日間でした。
これも主催者側の周到な準備や無駄のない進行、講師の熱いご指導などによるもので、感謝の気持ちで一杯です。

フィルム時代はニコンを使っていましたが、今はキヤノン、、、うーん、マウント替え、、、悩ましいですね。
それにしても、、、D850 恐るべし!、、、知らなかったほうが良かった、、、かもです。

尚、この撮影会の様子は隔月刊「風景写真」1-2月号(12月20日発売)に掲載されますので、ぜひ見てください。
Home |  Category:四季の風景 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

愛知川秋景

6D_2017_11_08_4377.jpg
「愛知川秋景」 滋賀県永源寺町

先週、霧の濃い日に近くの峠を目指しました。
まだ全山紅葉には少し早いと思いましたが、霧に惹かれて行ってみることに、、、。

ところが、三重県側は霧が濃かったのですが、トンネルを抜けて滋賀県に入ると霧はそれほどでもありませんでした。
車を空地に置いて、橋まで来てみるとまあまあの紅葉だったので、数枚下の愛知川を入れて手持ちで撮りました。
紅葉が寂しいので、せめて霧でもあればもう少し雰囲気も出たんですが、ちょっと残念ですね。
ここは車の往来も激しいので早々に引き上げ、三重県側で少し霧の撮影をして今日は終了しました。
Home |  Category:四季の風景 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

S.Sakashita

Author:S.Sakashita
三重県と、その周辺の自然風景や、「神々の風景」をテーマにした神社の撮影もしています。

【写真集の販売について】
写真集『伊勢神宮の四季』は、現在もネットなどで販売中です。

【掲載画像などについて】
このブログ上の文書・画像の著作権は「伊勢の風」にあります。
無断での使用・転載は禁止します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード