見ていると美しいのですが

杉林濃緑
「杉林濃緑」 2008/06/15 AM11:00 曇り 奈良県東吉野村 NikonP5100

この日も別の被写体を求めて走っていて、この風景に出会いました。
杉の木が上のほうだけ残され、下はなぜか不思議なパターンで枝が刈られています。
理由は良く分かりませんが、美しい緑との対比が面白くてシャッターを押しました。
見ている分には良いのですが、この木が春になると花粉を・・・憎っくき木なんですけど・・・。
書いているだけで、鼻がむずむずして・・・ハックション・・・もう止めます。
Home |  Category:四季の風景 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

私のような凡人には特にと思ってしまいますが繰り返し見ていますと味わいがこの林にはありますね、流石目の付けどころが違いますね。

ほめすぎですヨ。
独りよがりな作品にはしたくないので、考えてはいるつもりですが・・・。
なんか、難しいですね・・・自分が楽しければ良いような気もしますが・・・。

Home   Top
 
プロフィール

S.Sakashita

Author:S.Sakashita
三重県と、その周辺の自然風景や、「神々の風景」をテーマにした神社の撮影もしています。

【写真集の販売について】
写真集『伊勢神宮の四季』は、現在もネットなどで販売中です。

【掲載画像などについて】
このブログ上の文書・画像の著作権は「伊勢の風」にあります。
無断での使用・転載は禁止します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード