竹の見ごろは

竹林
「トンネル抜けて」 5月下旬 晴れ 三重県尾鷲市土井竹林

ここは尾鷲の土井竹林という、宝暦の頃(1751年)に植林されたという大きな竹林です。(看板から)
なぜか素掘りのトンネルがあって、これを抜けると太くて青々とした竹の美林が広がっています。
竹は2月から4月ごろはタケノコの季節で、このころはタケノコに養分を与えるために葉を落とします。
ですから美しい竹林の様子を撮るのは、今頃がベストかと思いますよ。
ここの竹はずいぶん青々としています。
それはここの地形がすり鉢状になっていて、あまり日が差さず肌が焼けないためだと言われています。
それにしても美しい竹林なんですが、撮るときにひとつ注意が必要なんですよね。
それは竹の表面に、生えた年と太さを表す文字が書かれているので、あまり下には向けられない・・・残念。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
Home |  Category:三重県の風景 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

なるほど道理で竹の葉の色が茶色ぽく思える時期がありなぜかなあ~と思っていました、納得です。

ちょっと遠いですがこの尾鷲の竹林を見て見たいものです。

広い竹林です。
竹は薩摩のものを移植したらしく、それは太いです。
この辺に生えているものとは少し違うようですね。
外を一周できます。

Home   Top
 
プロフィール

S.Sakashita

Author:S.Sakashita
三重県と、その周辺の自然風景や、「神々の風景」をテーマにした神社の撮影もしています。

【写真集の販売について】
写真集『伊勢神宮の四季』は、現在もネットなどで販売中です。

【掲載画像などについて】
このブログ上の文書・画像の著作権は「伊勢の風」にあります。
無断での使用・転載は禁止します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード