珍しい伊勢神宮ネタ

PA100003.jpg
「守る」 三重県伊勢市伊勢神宮内宮

今日は伊勢神宮のネタとしては珍しい写真をお見せします。
宇治橋を渡ったことのある方は、川上側に写真のように杭が何本か立っている事に気づかれましたか。
「木除杭」と言って、宇治橋の橋桁を上流から流れてくる流木などから守るために立っているんですね~。
そして見事にその役目を果たした瞬間の写真が、上の写真なんです。
こんな大木が、まともに橋桁にぶつかっていたら・・・大きな被害が出ていたかもしれませんよね。
先人の知恵ですね・・・前回の宇治橋の写真と一緒に見ていただけばよく判ると思います。
Home |  Category:伊勢神宮 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

あの杭にはそんな役目があったんですね。
五十鈴川もこんな樹が流れることがあるんですね。

だちょうさん 
おはようございます
まあ、めったには見られませんが、大きな台風などが来たときは倒木が流れてくることがたまにあります。
でも、この写真ほど大きなものは、今まで新聞などでも見た記憶がありません。
神宮の森は奥が深いですから・・・。

Home   Top
 
プロフィール

S.Sakashita

Author:S.Sakashita
三重県と、その周辺の自然風景や、「神々の風景」をテーマにした神社の撮影もしています。

【写真集の販売について】
写真集『伊勢神宮の四季』は、現在もネットなどで販売中です。

【掲載画像などについて】
このブログ上の文書・画像の著作権は「伊勢の風」にあります。
無断での使用・転載は禁止します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード