華やかな神社

DSC_0028_20150609202434bb8.jpg
「咲き誇る」 三重県鈴鹿市 加佐登神社

今回は季節的には少し前になりますが、見事なボタンが咲き誇る華やかな神社の風景です。
「神々の風景」として撮影している中では、少し異色な被写体になります。
このボタンやハスや他の花など、美しい浄土を想うお寺にはよくありますが、神社ではちょっと珍しいですね。
まあ、一枚や二枚くらいはこのような作品も入れて少しは変化もないと、暗い作品ばかりでは息が詰まりますよね。
という訳で、今回で「神々の風景」はまたしばらくお休みし、次回からは普通の風景に戻していきたいと思います。
それにはどこかに行かないと・・・入梅し好きな季節になりましたが、さてさてどうなりますやら・・・。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

神木に映る影

DSC_0018_20150530075505ef8.jpg
「影」 三重県桑名市 野志里神社

しばらく撮影予定がありません、そんなときはいつもの蔵出し「神々の風景」です。
今回は桑名の野志里神社、ここは倭姫命御巡幸歴第16番目にあたる神社です。

着いたとき、真っ先に飛び込んできたのが、強い光を受けてくっきりと映し出された棕櫚の影です。
時間がちょっと違えば、おそらく目にすることのなかった被写体ですね。
こんなチャンスも出かけなければ見ることもありませんし、撮ることもありません。
だから何?・・・そう撮影に行きたいんです・・・でも今は他にやらなければならないことがあって・・・。
来月になればやっと余裕も出てきそう・・・待ち遠しく思う日々がもうしばらく続きます。
Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

木漏れ日の境内

DSC_0026_20150311193216c39.jpg
「木漏れ日の境内」 三重県桑名市 犀津神社

またまた落ち椿、でも今回は苔むす境内の木漏れ日のある風景です。
神社には良くある狛犬をバックにしましたが、後ろの林があまりきれいではありませんね。
神社でとにかく邪魔なものは除けて、美しいものだけを撮るのはなかなか難しいんですよね。
苔と落ち椿だけなら別に神社でなくても撮れるわけで、狛犬なり社はやはり入れたいですから・・・。
まあ、そんなこんなでここだけでも1~2時間はゆうにかかりますから、神社の撮影も結構大変なんです。
とか言いながら、本人は結構楽しんでるんですけどね。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

椿散る参道

5.jpg
「椿の散る頃」 三重県鳥羽市

しばらく撮影予定ありません。
て言うか、この時期、憎き花粉のため外に出られません。出たら大変なことになります。
でもってこういうときは、蔵出し「三重の神々の風景」をご紹介することにしています。
今回は鳥羽市の伊射和神社というところ、丁度今頃の季節、ヤブツバキの花が落ちる参道を撮ったものです。
とにかくこの神社、非常に判りにくい所で、その上道が極端に狭い・・・まあ車で行くのが無理だったかも・・・。
海には近いのですが、神社から海は見えません・・・下のほうにある鳥居は海に面しています。
今度行くときは、ゆっくり歩いて行ってみようと思います。

<写真展ご案内>
春陽クラブ支部 第12回写真展
日時:3/6(金)~8(日) 10時~17時(最終日は16時まで)
場所:菰野地区コミュニティセンター(旧菰野庁舎跡)

フォト川越 第32回写真展
日時:3/13(金)~15(日) 10時~17時(最終日は16時まで)
場所:川越町あいあいセンター2F展示ホール
Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

神木

DSC_0016_2014090506080237d.jpg
「堂々」 三重県松阪市

今週も撮影予定が無く、て言うか撮影意欲減退、あまり夏らしく無かった夏の疲れが出ているのかも・・・。
それに今月は我がJNP三重支部の10周年記念作品展を津と四日市でやることになっていて、その準備も
あるし、他にいろいろ雑用もあって(言い訳)、それと撮りたいものもあまり無いし(あっ、これ一番かも)・・・。
まあ、そのうち・・・多分彼岸花が咲きだす頃には撮影意欲も戻ってくるんでしょう・・・多分ね。
てな訳で、今回も蔵出し「神々の風景」をご紹介・・・前回の「神現る」の直前に撮っていたという神木です。
堂々たる根と、そこに生えた苔が見事で、三重県の巨木リストにもアップされている木です。

<写真展ご案内>
日本風景写真協会三重支部 設立10周年記念写真展

【津会場】
日時:9/12(金)~15(月・祝) 9時30分~17時 (初日は12時から、最終日は16時まで)
場所:三重県立美術館 県民ギャラリー 津市大谷町11 059-227-2100

【四日市会場】
日時:9/26(金)~28(日) 9時~18時 (初日は12時から、最終日は16時まで)
場所:四日市市文化会館 第一展示室AB 四日市市安島町2-5-3 059-354-4501

私の所属する三重支部の、年に一度の写真展は今年も2会場で開催します。
今回は設立10周年記念ということもあり、テーマ部門は「三重の風景」です。
会員40名が「自由作品」と「三重の風景」の2点を出品しています。
お近くで、お時間のある方はぜひお越しください。お待ちしております。(どちらも入場無料、無料駐車場あり)

Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

神、現る?

DSC_0010-2_20140824103101f00.jpg
「神、現る」 三重県松阪市

しばらく撮影をしていませんので、蔵出し「神々の風景」を紹介します。
ここは、松阪市の飯高にある水屋神社、大きな楠の神木撮影で訪れました。
楠を撮影中、ふと見上げると、神社本殿後ろから光芒が差しはじめているのが目に入りました。
それからは楠は後回し、とりあえずこの瞬間を写さないと、と言うわけでしばらく夢中で撮影しました。
光芒が出たのは一瞬でしたが、本当に神様が現れた・・・、と思われるほど荘厳な光景に巡り合いました。

<写真展ご案内>
日本風景写真協会愛知第二支部 第六回写真展
日時:9/5(金)~11(木) 10時~18時(最終日は14時まで)
場所:富士フイルムフォトサロン名古屋
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

海の安全祈る

DSC_0027_20140808174349b64.jpg
「海に祈る」 三重県尾鷲市

先週も今週も撮影計画なし・・・まあ台風も近づいているし、それに正直夏バテです。
そんな訳で撮影意欲減退、よって今回は、こんな時しか紹介できない蔵出し「神々の風景」です。
場所は尾鷲の東の端、九鬼の九木神社・・・海を見下ろす高台にあって、まさに海の安全を守る神社です。
この神社には、境内に大きな真ん丸の石が五つ、ケン玉のような格好で置いてあり、なんか面白いです。
竹内敏信先生の熊野古道の写真集にも収められていますので、少し有名になりましたね。

<写真展ご案内>
奈良写真絵巻 2014
日時:8/12(火)~17(日) 10時~18時 (金曜日は20時まで、最終日は16時まで)
場所:愛知県美術館ギャラリー 展示室G

中村守写真展 奥信越路
日時:8/15(金)~21(木) 10時~18時 (最終日は14時まで)
場所:富士フイルムフォトサロン名古屋
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

気になる木

5D_2014_07_04_3662.jpg
「威風堂々」 滋賀県高月町

今週も、先週に続いて滋賀県北東部を走ってきました。
そこで、この辺りに来るといつも気になる大きな木があったのですが、毎度スルーでした。
だけど、今回は特にこれと言った目的があったわけではないので、ちょっと寄り道をしていくことに・・・。
すると何となんと、目の前で見るその木は物凄く風格のある堂々とした木で、もう圧倒されてしまいました。
立て札には八幡神社のケヤキ、野大神、樹齢800年、樹高22m、幹周り8.4mと記してありました。
ただ、周りは人家、フェンス、電線など人工物だらけ、全体は難しいけど特徴ある部分だけならOKかな・・・。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

三重県の神木 その3

DSCN0559.jpg
「四本杉」 三重県熊野市小阪飛鳥神社

今回の神木は、何と前回の“倍返し”、4本の杉が合体したものです。
幹周りも8.5メートルあり、樹齢200年から300年ともいわれています。
熊野市周辺にはいくつか飛鳥神社がありますが、ここは小阪という集落にある神社です。
小さな樹叢ですが市が天然記念物に指定しているため、この四本杉が目立たないくらい周りも茂ってます。
なかなか珍しいと思うんですけど、そんな訳もあるのか余り訪れる人もいないようですね。
多くの人に見てもらったほうがいいのか、知る人ぞ知るだけの静かなほうがいいのか、神木だけにね・・・。

今週は以前ご紹介した近くの写真展をはしごして来ましたけど、皆さんとにかく元気です。
散歩道で彼岸花が芽を出してきているのを見つけました・・・私も来週は久しぶりにどこかへ・・・。
Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

三重県の神木 その2

DSC_0012_201309070605063b2.jpg
「仲良く」 三重県松阪市黒滝神社

ここは、前回ご紹介の水屋神社から和歌山街道を西へ12キロほど走ったところにある黒滝神社です。
そしてこの神木は本殿から少し裏山を登った奥の、丁度神社を見下ろすような場所にありました。
「夫婦杉」と呼ばれていて、根元部分がくっついて一体化した見事な杉の大木です。
このように二またになった木は全国に結構あって、何れも夫婦何とかと言って大事にされています。
でも、ここの特徴は写真で見てもお分かりのように、色合いが全く違いますよね。
と言うことは一本の木から二またになったのではなく、別々の木が長い年月を経て融合したんですね。
右のほうが少し赤っぽくて・・・とするとこちらが奥さん?・・・まあどちらでもいいんですが・・・。

<写真展ご案内>
誌と写真 誌:佐藤貴宜 写真:鈴木志信
日時:9/10(火)~15(日) 
場所:鈴鹿市役所 市民ギャラリー
誌と写真のコラボ、どんな写真展なのでしょうか?
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

S.Sakashita

Author:S.Sakashita
三重県と、その周辺の自然風景や、「神々の風景」をテーマにした神社の撮影もしています。

【写真集の販売について】
写真集『伊勢神宮の四季』は、現在もネットなどで販売中です。

【掲載画像などについて】
このブログ上の文書・画像の著作権は「伊勢の風」にあります。
無断での使用・転載は禁止します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード