ひさびさの入賞

5D_2014_05_03_3212.jpg
「雪解けの頃」 岐阜県高山市

今月20日発売の隔月刊「風景写真」3-4月号・テーマ部門「桜」で準優秀作品賞に入賞しました。
ここのところ入賞から遠ざかっていましたので良かったです。
(ここに掲載の写真はデジ一で撮ったもので、雑誌掲載作品は645で撮影したものです)

もう10年ほど前、岐阜の某写友さんに聞いた話を思い出し、まだ見られるかどうかも分からずに出かけてみました。
その写友さんとは音信不通になっていたので、詳しいポイントも分からないままでしたが、桜は何とか見つけました。
滝の上に桜があるように見えますが、実際は結構離れていて、このアングルで見るには水際に下りる必要があります。
雪解けの豊富な水量で迫力のある滝と、満開の山桜のコラボが見事で、誰もいない川原で一人興奮していました。

一昨年、再度訪れましたが、ななっ何と滝のすぐ真ん前に大きな岩がでんと座っているではないですか・・・。
おそらく私が撮影した年の、夏の大雨か台風で上流から転がってきたのではないかと思われます。
川原に下りると、その風情も全くない大きな岩が滝をふさいでしまい、豪快な滝の全容を見ることができません。
この岩が再び転がっていくのはいつのことか・・・風景はまさに一期一会、その瞬間を大切にしなければいけませんね。

岐阜の某写友さんお元気ですか・・・貴重な情報、ありがとうございました。またお会いしたいです。

Home |  Category:フォトコンテスト |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

西の湖残雪

6D_2017_02_14_2087.jpg
「葦と残雪」 滋賀県近江八幡

昨日、休みが取れたので久しぶりに撮影にと思い、行先は殆ど決めずに出ました。
いつもながら出発も遅いので、とりあえず山のほうへと石榑トンネルを目指しました。
トンネルを抜けるとそこは雪景色(どこかで聞いたような…)、おまけに雪まで降っているではありませんか。
初めは遠くへ行くつもりもなかったのですが、気が付けば琵琶湖の近くまで・・・まずは西の湖で残雪と葦の原を・・・。
その後は湖岸道路に出て北上、しばらくは穏やかな晴天でしたが長浜辺りから吹雪に・・・前も見えないくらいです。
途中、コハクチョウなどを見たりしていましたが、私あまり鳥には興味が無くて・・・夕景も撮らずに帰りました。
Home |  Category:四季の風景 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

南越前撮影行

6D_2017_01_28_1904.jpg
「波高し」 福井県越前海岸

先週土日、福井の某写真グループの新年会に招かれましたので、撮影も兼ねて行ってきました。

土曜日は、三島池、琵琶湖岸を北上し、まだ残っている雪や結氷を撮影、その後南越前を海岸沿いに走ります。
越前海岸は、今まではいつ来ても波が穏やかで迫力不足でしたが、今回はなかなかの高波が打ち寄せています。
見てると面白くて切がないけど、6時には花はす公園の宿に入らなければならないので、4時頃には引き上げました。

翌朝は、前夜のアルコールもすっかり抜けてしまうほどの冷え込み・・・これは期待が持てますね~。
まだ暗い6時半ごろ蓮池に、既に数名の方が撮影中、皆女性たち、最近はどこでも男性陣より積極的ですね。
狭い周回路は雪深く、ズボズボ踏み込むため思うように動けないのが辛いけど、池はそれでも魅力的で楽しめました。
遅い朝食をとって、その後大方は東尋坊へと、私は再び蓮池で撮影(好きですね~)・・・ゆっくり帰途につきました。
Home |  Category:四季の風景 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

南紀州撮影行

6D_2017_01_14_2462.jpg
「太平洋への落日」 和歌山県見老津

久しぶりの更新です。
先週の土日、JNP三重支部の撮影会で今年初めての撮影に南紀方面に行きました。
強烈な寒波の影響で、南紀といえども土曜日は風の強い寒い日で、立っているのがやっとというような日でした。
波頭に当たる強風で飛沫が飛び散って面白い光景が見られるものの、やはり寒さと風で集中力は無くなります。
とにかく早くホテルに戻って、温泉に入ることに思いをめぐらしひたすら耐えました。(ちょっと大げさかも・・・)

日曜日の朝は海霧を狙って荒船海岸に行きましたが、残念ながら海霧は出ず、ごく普通の朝日を撮りました。
古座川の上流を少し回って帰途につきましたが、鈴鹿辺りから雪景色、こちら方面のほうが良かったかも・・・。

とは言え、私のところでも半端ない大雪、写真を撮っている場合ではなく、仕事も休んで雪かき雪下ろしです。
今、やっと人心地ついたところです・・・明日の出勤、大丈夫かな・・・。
Home |  Category:四季の風景 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

いつもの蓮田

IMG_2326.jpg
「夢の後」 愛知県愛西市

先日、岐阜でやっていた写真展を見に行った帰り道、いつもの蓮田に寄ってみました。
夏には立派な花を咲かせた蓮も、静かにうなだれるように朽ち果てるのを待っている・・・こういうの好きなんです。

さて、今年もあとわずか、何かもう一回撮影したいのですが、近くでは雪や氷はもちろん霜すら殆どありません。
年末に遠くまで行くのはなんとなく億劫だし、このまま終わってしまうのかも・・・。
四国香川の「ギャラリーおおきた」さんでの私の写真展「瞬彩」も、来週火曜日で終了します。

年が明ければイベント目白押し、名古屋の100人展、熊野での撮影会、福井での新年会等々・・・。
それまでは体力温存に努めましょうか・・・。
Home |  Category:四季の風景 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

四国で写真展

5D_2012_10_26_0773.jpg
「寄り添う」 岐阜県大白川   雑誌「風景写真」入選作品

今回は今日から約1か月間、四国の著名な写真家、大喜多ご夫婦が経営される香川の「ギャラリーおおきた」にて
私の写真展をさせていただいていますので、そのご案内をいたします。

テーマは、「瞬彩」美しい風景との出合いを求めて、と題し「美しい風景写真100人展」、雑誌「風景写真」、写真集「四季のいろ」、「JNP三重支部展」などに入選や出品した作品をメインに全紙サイズ30点ほどを選びました。
特に今回の写真展用に準備したものではありませんが、それなりに力を入れた作品ばかりです。
少し遠くになりますが、四国にお出かけの際にでもご高覧いただければ幸いです。

テーマ: 「瞬彩」 美しい風景との出合いを求めて
日時: 12月1日~12月27日 10時~17時 水曜日休館
場所: ギャラリーおおきた 香川県観音寺市粟井町1775番地 電話0875-27-7699
Home |  Category:写真展ご案内 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

積田神社の二色紅葉

6D_2016_11_25_1411.jpg
「二色の散り紅葉」 三重県名張市

今週末は、この秋最後の紅葉撮影と思い曽爾や香落渓などを回ってきましたが、もうほとんどが散っていました。
帰りに寄った名張の積田神社にかろうじて紅葉が残っていましたが、メインのイチョウの葉の散り数?が少ないです。
木には殆ど残ってないので、風で飛ばされてしまったんでしょうか・・・いつもはふかふかになるくらいなんですけど・・・。
写真では圧縮されてそこそこあるように見えますが、近くで見ると地面が少し見えてしまいます。
この日は曇り空のため、手前のモミジの葉も乾いていてかさかさした感じで色も出ず、ちょっと残念でした。
まあ、全てが揃うことなんてなかなか無いし、たまに行っていい作品を撮ろうなんてのは調子よすぎですよね。
これで今年の紅葉撮影は終わり、なんかあっという間に終わった感じで・・・今日は雨だし・・・ちょっと淋しさが・・・。
Home |  Category:神々の風景 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

宇賀渓の新しい紅葉スポット

6D_2016_11_20_1228.jpg
「寄り添う」 三重県いなべ市

日曜日、場所は特に決めずに近場を走ってみることにしました。
まずは湯の山温泉、ウーン色がいまいち、県民の森は少し早い、そしてこの宇賀渓に来てびっくりです。
数本の大きなモミジが、キラキラと逆光に輝いているのが目に飛び込んできました。
実は、ここには今までかんぽの宿だったか国民宿舎が建っていて、このモミジは道路からはまったく見えませんでした。
長い間廃屋状態で残っていましたが、最近どうやら壊されたらしく、こうして人の目に留まるようになったんですね。
ちょうど見ごろで見事でしたけど、止まってゆっくり見る人はあまりいませんでした。
これから駐車場など整備されれば、いいスポットになるのかもしれませんけど・・・。
Home |  Category:三重県の風景 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

雨の屏風岩

6D_2016_11_14_0962_20161120123530e10.jpg
「雨の屏風岩」 奈良県曽爾村

今週初め、屏風岩公苑の山桜の紅葉を撮影してきました。
往路途中から小雨が降りだしましたが想定内、雨に濡れた紅葉を期待して走ります。
いよいよ到着、誰もいません、独り占めです・・・あれ、山桜は殆ど散っています。
所々残っているので、まあ撮れないことは無いけど、ちょっと寂しいかな・・・でも晩秋の風情があってこれも良しです。
岩の下部の紅葉は見ごろのようですが、天気が悪いので色が出ません・・・こう言うの、錆色って言うのでしょうかね。
傘を差しながら手持ちで約2時間、結局カメラマンらしき人は私の帰る頃にお一人、あとは数人の観光客だけ・・・
・・・それはそれは静かな屏風岩でした。
Home |  Category:四季の風景 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

晩秋の乗鞍高原

6D_2016_11_05_0860.jpg
「秋の稜線」 長野県松本市

久しぶりの更新、そして久しぶりの撮影です。
先週末の土日、昨年も行った乗鞍高原に一泊二日の撮影行をしてきました。
昨年は初秋、今年は晩秋の霜風景を狙いました・・・が、結論から言えば・・・見事に外れ・・・。
初日はのんびりと途中の渓谷などを撮影、山間は紅葉も見ごろで、それなりに被写体はあり楽しめました。
特にカラマツの黄葉は最盛期のようで見応えはありましたが、高原は既に枯れ風景が広がっているだけでした。
二日目の朝、霜の期待を胸に宿の玄関を出ると、あれ濡れている、車の屋根も濡れている・・・えっ、雨が降った・・・。
と言う訳で霜は全くダメ、仕方なく朝日で光る白樺林などを撮って宿に戻りゆっくりと朝食、帰りの渋滞を回避すべく早々と帰宅をしました。
上の写真は乗鞍高原から白骨に抜ける林道で、日が傾きかけたカラマツの稜線を撮ったものです。
Home |  Category:四季の風景 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

S.Sakashita

Author:S.Sakashita
三重県と、その周辺の自然風景をデジタルと銀塩で撮影しています。
最近は「神々の風景」をテーマに、三重県及び各地の神社の撮影もしています。

【写真集の販売について】
写真集『伊勢神宮の四季』は、只今書店及びネットにて好評発売中!
お問い合わせは下記カテゴリ「写真集購入ご案内」からお願いします。

【掲載画像などについて】
このブログ上の文書・画像の著作権は「伊勢の風」にあります。
無断での使用・転載は禁止します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード